大紀元時報

米上院、カバノー氏の最高裁判事指名を承認 保守派が多数に

2018年10月07日 21時28分

[ワシントン 6日 ロイター] - 米上院本会議は6日、性的暴行疑惑が出ていたブレット・カバノー氏(53)の連邦最高裁判事への指名を50対48の賛成多数で承認した。

人工妊娠中絶の権利や移民問題など、国論が二分する問題を司法判断する最高裁判事の保守色が強まり、トランプ大統領にとっては大きな勝利となった。

カバノー氏は指名承認直後にロバーツ最高裁長官の下で宣誓を行い、最高裁判事に正式に就任した。

9人で構成する最高裁判事で保守派は5人となり、リベラル派の4人を上回る。

トランプ大統領はカバノー氏に電話で祝意を伝えた。大統領は記者団に、同氏に暴行されたと訴えていた女性が人違いしたのは「100%確実だ」と述べた。

*写真を追加して再送します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧下さい)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^