大紀元時報

米、香港の条例改正案への懸念表明

2019年06月11日 10時50分
6月10日、米国務省のオルタガス報道官は、香港政府が提案している中国本土に刑事事件の容疑者を引き渡せるようにする条例改正案への懸念を表明した。写真は10日の香港でのデモの様子(2019年 ロイター/James Pomfret)
6月10日、米国務省のオルタガス報道官は、香港政府が提案している中国本土に刑事事件の容疑者を引き渡せるようにする条例改正案への懸念を表明した。写真は10日の香港でのデモの様子(2019年 ロイター/James Pomfret)

[ワシントン 10日 ロイター] - 米国務省のオルタガス報道官は10日、香港政府が提案している中国本土に刑事事件の容疑者を引き渡せるようにする条例改正案への懸念を表明した。

同報道官は定例会見で、9日の平和的に行われたデモは、香港の人々が条例改正案に反対していることを明確に示していると指摘。

香港に高度な自治を保障する「一国二制度」が継続的に浸食されれば、長きにわたり確立されてきた国際社会における香港の特別な立場が危機にさらされる、との見方を示した。

さらに、条例の改正で香港のビジネス環境に影響が及ぶ恐れがあるとし、香港居住の米国人や香港を訪れる米観光客をたびたび変わる中国の司法制度の影響下に置くことになると指摘した。

関連キーワード
^