大紀元時報

EU首脳、重要ポストの人選難航 2日も協議へ

2019年07月02日 12時15分
7月2日、欧州連合(EU)の首脳らは、ユンケル欧州委員長の後任など重要ポストの人選が難航する中、2日も協議を続けることとなった。写真はEU本部で6月撮影(2019年 ロイター/YVES HERMAN)
7月2日、欧州連合(EU)の首脳らは、ユンケル欧州委員長の後任など重要ポストの人選が難航する中、2日も協議を続けることとなった。写真はEU本部で6月撮影(2019年 ロイター/YVES HERMAN)

[ブリュッセル 2日 ロイター] - 欧州連合(EU)の首脳らは、ユンケル欧州委員長の後任など重要ポストの人選が難航する中、2日も協議を続けることとなった。

首脳会議が3日目に突入するのは極めて異例。しかも重要ポストの人事を巡る首脳会議は今回で3度目となる。

EUは6月30日に臨時首脳会議を開き、欧州委員長を含む重要ポストの人選を協議したが、難航。夜通しで1日も協議を続けたものの、合意に至らなかった。

ドイツ、フランス、スペインの首脳は、オランダ出身のティメルマンス欧州委第1副委員長・元オランダ外相を次期欧州委員長に推しているが、イタリアや東欧諸国が強く反発している。

協議の難航は、EU域内で深まっている政治的分断を浮き彫りにしている。

フランスのマクロン大統領は1日まで続いた協議は失敗と指摘。より円滑な機能を可能にする改革なしにEUをこれ以上拡大することはできないとの認識を示した。

首脳らは欧州委員長のほか、欧州中央銀行(ECB)総裁、EU大統領などの重要ポストの人選をまとめたい意向だが、2日に合意できなければ、3日に招集される新欧州議会が人選に影響を及ぼす可能性がある。欧州議会は議長を選ぶ予定で、EU首脳の合意がなければ、独自に行動する可能性がある。

首脳会議は2日0900GMT(日本時間午後6時)に再開される。

^