大紀元時報

〈香港デモ〉ツイッター、中国当局の情報操作に関与のアカウント「20万個存在」 一部削除

2019年08月20日 20時24分
米ツイッターは19日、香港の抗議デモをめぐり、中国当局が情報操作に関わっているとして900以上のアカウントを削除したと発表(EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images)
米ツイッターは19日、香港の抗議デモをめぐり、中国当局が情報操作に関わっているとして900以上のアカウントを削除したと発表(EMMANUEL DUNAND/AFP/Getty Images)

米ソーシャルメディア大手のツイッターとフェイスブックは19日、香港の抗議デモをめぐり、中国当局が関与したアカウントを停止したと発表した。両社は、不正アカウントが中国当局とつながっているとの見方を示した。

ツイッターは声明で、936のアカウントを削除したことを明らかにした。そのうちの大半が中国本土のユーザー。中国当局のネット検閲を回避するための仮想プライベートネットワーク(VPN)を経由して、ツイッターにアクセスしていたという。残りは、中国当局に許可されたIPアドレスでアクセスした。

同社は、これらのアカウントが虚偽の情報を流し、「香港市民の抗議活動の合法性や政治的主張を弱体化すると同時に、香港の政治的対立をあおることを目的にしている」とした。

また声明は「われわれは調査を通して、これらが国家の支援を受けた組織的な工作であるという確かな証拠を得た」と示した。

ツイッターは声明の中で、削除対象となった2つのアカウントを公開した。その中の「Dream News」という報道機関を装ったアカウントは、香港の抗議者について「香港に急進的な人はいらない。ここから出ていけ!」と投稿していた。

同社は「これら936のアカウントは非常に多く利用されているアカウントの一部に過ぎない」とし、約20万にのぼる不正カウントが存在するとの見解を示した。

複数の米メディアは同日、ツイッターが中国国営メディアのツイッター上での広告掲載を禁止する方針を固めたと報じた。多くのツイッター利用者は、中国当局がツイッター上で、平和的な抗議活動を行う香港市民を「暴徒の集団」と誹謗中傷していることに不満を強めている。

一方、米フェイスブックも同日、中国当局が情報操作に関与しているとして、7つのページ、5つのアカウント、3つのユーザーグループを排除したと発表した。

同社は声明で、「これらは偽アカウントを通してニュースサイトなどに扮し、香港の抗議活動に関する政治的なニュースや問題を頻繁に投稿した」「不正に関わった人が身元を隠そうとしているが、調査で中国当局とのつながりが判明した」と説明した。

中国国内インターネット上で共産党イデオロギーを広める有名な掲示板組織「帝吧」は18日、メンバーらに対して、VPN経由でツイッターやフェイスブックなどにアクセスし、香港市民を支持する利用者を「攻撃せよ」とあおり、誹謗中傷のコメントを書き込むよう指示した。

中国共産主義青年団(共青団)中央が17日に中国版ツイッター「微博」に掲載した「帝吧」の通知によると、同組織は「(攻撃の際)必ず各チーム長の指示に従うよう」などとメンバーに要求した。

中東衛星放送局アルジャジーラは16日の報道で、中国当局はツイッターの自動発言システムである「ボット(BOt)」と、ネット上で悪意の書き込みを行うネットユーザー「トロール(Troll)」を利用して、情報操作を行っていると指摘した。

同報道は、中国当局が数多くのサイバー警察や情報機関の工作員を動員しているとの見方をした。

「帝吧」は7月21日、ツイッターなどにアクセスし香港市民への攻撃を行った。この日、香港の一部のデモ参加者が中国の出先機関である「中央政府駐香港連絡弁公室」に落書きをした。その後、香港のネットユーザーがその一部のメンバーの個人情報を突き止め、公開したしたため、「帝吧」は攻撃行動を中止した。

(翻訳編集・張哲)

関連キーワード
^