大紀元時報

米大統領「宗教迫害に終止符を」、中国は米を非難

2019年09月24日 15時57分
9月23日、トランプ米大統領(写真)は、国連総会に合わせて開かれた米国主催の会合で宗教迫害を終わらせるよう呼び掛けた。写真はワシントンで昨年1月撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)
9月23日、トランプ米大統領(写真)は、国連総会に合わせて開かれた米国主催の会合で宗教迫害を終わらせるよう呼び掛けた。写真はワシントンで昨年1月撮影(2019年 ロイター/Leah Millis)

[国連本部 23日 ロイター] - トランプ米大統領は23日、国連総会に合わせて開かれた米国主催の会合で宗教迫害を終わらせるよう呼び掛けた。

会合にはウイグル族の父親が中国で監禁されている女性が出席し、中国政府を批判。国連によると、新疆ウイグル自治区ではウイグル族など100万人以上のイスラム教徒が身柄を拘束されている。

国連総会に出席した中国代表団のスポークスマンは「米国は宗教の自由を口実にして、事実を軽視し、事実を歪め、他の主権国家を恣意的に批判している」と米国を非難した。

トランプ大統領は演説では新疆ウイグル自治区には触れず、父親が監禁されている女性が演説を始める前に会場を後にしたが、ペンス副大統領とポンペオ国務長官は女性の話に耳を傾けた。

女性は「毎日、何百万人ものウイグル族などイスラム教徒が政府の強制収容所で虐待され、薬を投与され、洗脳されている」と主張。

ペンス副大統領は「中国共産党はキリスト教の牧師を拘束し、聖書の販売を禁止し、教会を破壊した。イスラム教徒のウイグル族100万人以上を投獄した」と批判した。

サリバン国務副長官は24日、「新疆の人権危機」に関する会合を主催する。

トランプ大統領は宗教の自由を保護するため、2500万ドルを拠出すると表明。「大統領として、宗教の自由の保護は、私の最大の優先課題の1つだ」とし「米国は宗教迫害を終わらせるよう世界に呼び掛ける」と述べた。

 

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

^