大紀元時報

米国は香港での「不当な武力行使」を非難、建設的対話を=米高官

2019年11月18日 15時05分
11月17日、トランプ米政権の高官は17日、米国は香港における「不当な武力行使」を非難するとともに、中国政府に対して香港の自由を守るよう求めた。写真は警察との衝突で、香港理工大のキャンパスから逃げ出そうとするデモ参加者。香港で撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)
11月17日、トランプ米政権の高官は17日、米国は香港における「不当な武力行使」を非難するとともに、中国政府に対して香港の自由を守るよう求めた。写真は警察との衝突で、香港理工大のキャンパスから逃げ出そうとするデモ参加者。香港で撮影(2019年 ロイター/Tyrone Siu)

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米政権の高官は17日、米国は香港における「不当な武力行使」を非難するとともに、中国政府に対して香港の自由を守るよう求めた。

同高官は「われわれは不当な武力行使を非難し、すべての当事者に暴力をやめ、建設的な対話をすることを要求する」と述べた。

さらに「大統領が言っているように、米国は中国政府が中英共同宣言を順守し、香港の自由や法律制度、民主的な生き方を守るよう要請する」と語った。

反政府抗議デモが続く香港では18日、警察が香港理工大を包囲。大学内には数百人のデモ参加者がおり、一部は大学から脱出することを話し合っているが、バリケードを強化し、火炎瓶の箱を並べている学生もいる。九竜半島の中心繁華街「ネイザンロード」などにも黒服を着たデモ参加者が終結している。

^