大紀元時報

武漢市で「原因不明の肺炎」発生 SARS疑うネット情報も

2019年12月31日 13時41分
湖北省武漢市保健当局は30日夜、「原因不明の肺炎」が発生したと発表した。(微博)
湖北省武漢市保健当局は30日夜、「原因不明の肺炎」が発生したと発表した。(微博)

湖北省武漢市保健当局は30日夜、「原因不明の肺炎」が発生したと発表した。同市の医療関係者による中国版ツイッター・微博への投稿で、新型肺炎コロナウイルスが原因であるSARS(重症急性呼吸器症候群)による感染が疑われ、すでに7例の患者が確認された。

12月30日、武漢市衛生委員会は通達で、同市の華南海鮮市場で「原因不明の肺炎」に罹患した患者が相次いでいると公表した。同委員会の別の通達は市内の医療機関に対し、1週間以内に同様の患者がいなかったか報告するよう求めた。

中国メディア、第一財経が同委員会に問い合わせたところ、通達の内容に間違いはないとのコメントを得た。

医療関係者が微博チャットグループに投稿した情報によると、同市場の関係者でSARS感染が確認されたのは7例あり、すでに隔離された。1例目の患者は青果卸売業を営んでおり、武漢同済病院で検査したところ、SARSコロナウイルスが検出されたという。武漢協和紅十字会病院でも、同ウイルスによる感染1例を診断した。

台湾メディアによると、台湾衛生福利部疾病管制署は現在、大陸の関連部門に情報確認している。

(翻訳編集・李沐恩)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^