大紀元時報

米シアトル市、外国の影響受ける企業の政治献金禁止へ 法案可決

2020年01月14日 13時23分
1月13日、米ワシントン州シアトル市議会は13日、外資が少なくとも5%を保有する企業が地方選挙で政治献金を行うことを禁止する法案を全会一致で可決した。写真はシアトルで昨年3月撮影(2020年 ロイター/Lindsey Wasson)
1月13日、米ワシントン州シアトル市議会は13日、外資が少なくとも5%を保有する企業が地方選挙で政治献金を行うことを禁止する法案を全会一致で可決した。写真はシアトルで昨年3月撮影(2020年 ロイター/Lindsey Wasson)

[シアトル 13日 ロイター] - 米ワシントン州シアトル市議会は13日、外資が少なくとも5%を保有する企業が地方選挙で政治献金を行うことを禁止する法案を全会一致で可決した。

シアトルの措置は、同市最大の雇用主であるアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>による政治的影響力を抑制する狙いがあるとみられている。

リフィニティブによると、アマゾンは外国人投資家が少なくとも9%の株式を保有している。

アマゾンは昨年11月のシアトル市議会選で、企業寄りとみられる複数の候補を推すため、商工会議所が運営する政治活動委員会(PAC)に過去最高の150万ドルを献金した。

同社はここ2年にわたり、大手企業への増税を目指すシアトル市側と対立している。

アマゾンの広報担当者はコメントを控えた。

市議会のアナリストがまとめたメモによると、アマゾンに加え、2019年の選挙でPACへの企業献金が多かった上位20社のうち、AT&T<T.N>、コムキャスト・ケーブル・コミュニケーションズ<CMCSA.O>、エクスペディア<EXPE.O>、スターバックス<SBUX.O>など少なくとも6社は株式の5%以上を外資が保有している。

^