大紀元時報

ウクライナがFBIに協力要請、バイデン氏息子勤務企業のハッキングで

2020年01月17日 10時52分
ウクライナ政府は16日、同国のエネルギー会社ブリスマに対するハッカー攻撃を巡る調査で、米連邦捜査局(FBI)に協力を要請した。写真はブリスマ関連会社が入るキエフのビル。14日撮影(2020年 ロイター/VALENTYN OGIRENKO)
ウクライナ政府は16日、同国のエネルギー会社ブリスマに対するハッカー攻撃を巡る調査で、米連邦捜査局(FBI)に協力を要請した。写真はブリスマ関連会社が入るキエフのビル。14日撮影(2020年 ロイター/VALENTYN OGIRENKO)

[キエフ 16日 ロイター] - ウクライナ政府は16日、同国のエネルギー会社ブリスマに対するハッカー攻撃を巡る調査で、米連邦捜査局(FBI)に協力を要請した。ブリスマは米民主党のバイデン前副大統領の息子ハンター・バイデン氏が2014─19年に取締役を務めていた企業で、トランプ米大統領に対する弾劾裁判の焦点の1つとなっている。

米サイバーセキュリティー会社エリア1セキュリティーは13日、ロシア軍の情報機関・参謀本部情報総局(GRU)とつながりがあり、「ファンシーベア」や「APT28」として知られるハッカー集団がブリスマに対するハッカー攻撃を仕掛けた可能性があると明らかにしている。

ウクライナ内務省の当局者、アルチョーム・ミニャイロ氏は「ハッカー攻撃はロシアの特殊機関によるものだった可能性がある」とし、ウクライナ政府がFBIとエリア1セキュリティーに対し調査協力を要請したことを明らかにした。

エリア1セキュリティーが明らかにした件について、ロシア国防省からコメントは得られていない。米国務省からもコメントは得られていない。FBIはコメントを控えた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^