大紀元時報

米中協議、合意内容の日本経済への影響含めて注視=梶山経産相

2020年01月17日 10時51分
1月17日、梶山経済産業相は、米中両国が貿易協議で「第1段階の合意文書」に署名したことについて「前向きに評価している」と述べた。写真は2019年10月、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
1月17日、梶山経済産業相は、米中両国が貿易協議で「第1段階の合意文書」に署名したことについて「前向きに評価している」と述べた。写真は2019年10月、都内で撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 梶山弘志経済産業相は17日の閣議後会見で、米中両国が貿易協議で「第1段階の合意文書」に署名したことについて「前向きに評価している」と述べた。そのうえで、合意内容については「日本経済への影響を含めて、高い関心をもって注視していく」とした。

今後の米中協議については、対話を通じて、建設的に問題を解決していくことへの期待を示した。

 

(清水律子)

^