大紀元時報

米仏首脳、デジタル課税巡り年内休戦で合意 交渉は継続

2020年01月21日 12時15分
フランスのマクロン大統領は20日、同国政府が導入を計画しているデジタル課税について、トランプ米大統領と「素晴らしい議論」を交わしたとした上で、関税引き上げ回避に向け両国は連携していくと述べた。ロンドンで昨年12月代表撮影(2020年 ロイター)
フランスのマクロン大統領は20日、同国政府が導入を計画しているデジタル課税について、トランプ米大統領と「素晴らしい議論」を交わしたとした上で、関税引き上げ回避に向け両国は連携していくと述べた。ロンドンで昨年12月代表撮影(2020年 ロイター)

[パリ/ワシントン 20日 ロイター] - フランスのマクロン大統領は20日、同国政府が導入を計画しているデジタル課税について、トランプ米大統領と「素晴らしい議論」を交わしたとした上で、関税引き上げ回避に向け両国は連携していくと述べた。

フランスの外交筋によると、マクロン氏とトランプ氏は年内は関税引き上げを見送ることで合意。年末まで経済協力開発機構(OECD)でのデジタル課税を巡る交渉を継続するという。

フランス上院は昨年7月、同国での売上高が2500万ユーロ超、世界での売上高が7億5000万ユーロ超の大手IT(情報技術)企業を対象に、デジタル・サービス収入に3%の課税を行うデジタル課税の導入を承認。これを受け、米政府はフランス製品に関税を課すとしていた。

また、ホワイトハウスのジャッド・ディア報道官は20日の声明で「トランプ大統領は、マクロン大統領ときょう協議した。両首脳は、デジタル・サービス税の交渉を成功させることが重要だとの認識で一致したほか、他の両国に関連した点についても議論した」と発表した。

*内容を追加して再送します。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^