大紀元時報

華為CFOの身柄引き渡し審理開始、孟被告「双罰性認められず」

2020年01月21日 12時16分
中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者の孟晩舟被告の米国への身柄引き渡しの可否を決める審理が20日、カナダ西部バンクーバーの裁判所で始まった(2020年 ロイター/LINDSEY WASSON)
中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者の孟晩舟被告の米国への身柄引き渡しの可否を決める審理が20日、カナダ西部バンクーバーの裁判所で始まった(2020年 ロイター/LINDSEY WASSON)

[バンクーバー/トロント 20日 ロイター] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟被告(47)の米国への身柄引き渡しの可否を決める審理が20日、カナダ西部バンクーバーの裁判所で始まった。

孟被告は2018年12月、経済制裁を科せられているイランと取り引きしたなどとして米国の要請によりカナダで逮捕。その後、詐欺罪などで米司法省に起訴された。米国は孟被告の身柄引き渡しを求めているが、中国は釈放を要求している。

この日の審理で、孟被告側はイランとの取り引きを禁止しているのは米国であり、カナダでは犯罪に当たらず、双罰性は認められないと改めて主張した。

第1段階の審理は少なくとも4日間続く見通し。

^