大紀元時報

FRB利上げは「大きな過ち」、中間層向け減税発表へ=米大統領

2020年01月22日 21時06分
トランプ米大統領は22日、米連邦準備理事会(FRB)による利上げの影響が尾を引いていなければ、米国内総生産(GDP)の伸びは4%近い水準になっていただろうと語った。写真はダボス会議の会場に到着したトランプ氏。1月20日、スイスのダボスで撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)
トランプ米大統領は22日、米連邦準備理事会(FRB)による利上げの影響が尾を引いていなければ、米国内総生産(GDP)の伸びは4%近い水準になっていただろうと語った。写真はダボス会議の会場に到着したトランプ氏。1月20日、スイスのダボスで撮影(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[22日 ロイター] - トランプ米大統領は22日、米連邦準備理事会(FRB)による利上げの影響が尾を引いていなければ、米国内総生産(GDP)の伸びは4%近い水準になっていただろうと語った。

トランプ氏は世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が開催されているダボスでCNBCのインタビューに対し「大幅な利上げをしていなければ、(GDPの伸びは)4%近くになっていたはずだと思う」としたうえで、「ダウも5000ドルから1万ドル高くなったはずだ。しかし利上げが致命的だった。大きな過ちだった」と批判した。

さらにボーイング<BA.N>の737MAX機の運航停止やゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>のストを米経済の下押し要因として挙げた。

「ボーイング(の問題)があった。GMの大きなストがあった。非常に異例なことが起きた」と述べた。

またFOXビジネスに対し、今後90日以内に中間層向けの減税を発表する方針を示した。

「中間層向けに減税をする。非常に大きな減税だ」と語った。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^