大紀元時報

昨年末から来日した武漢の旅行者、約18000人=中国メディア

2020年01月27日 12時19分
成田空港で新型コロナウイルスについて注意喚起を行っている(STR/JIJI PRESS/AFP via Getty Images)
成田空港で新型コロナウイルスについて注意喚起を行っている(STR/JIJI PRESS/AFP via Getty Images)

湖北省武漢市市長は26日の記者会見で、旧正月と新型コロナウイルスの影響で、すでに500万人が同市を離れており、現時点の市内人口は900万人ほどだと述べた。

中国メディア・第一財経の新一線都市研究所は、中国のフライト情報アプリ「航班管家」12月30日~1月22日までのデータを引用して、海外渡航傾向を分析した。その結果、武漢市が事実上、閉鎖された23日までの20数日の間に、来日した武漢市民は1万8008人と各国の中で最多であることがわかった。

渡航先の都市別で見ると、タイのバンコク、シンガポール、東京は3位だった。ぞれぞれ1万1558人、1万0689人、9080人。成田空港のほか、関西国際空港と中部国際空港からそれぞれ6272人、2656人が入国しているため、日本は国別では1位のタイ(26674 人)に次いで2位となっている。

また、都市人口と移動状況を分析する「百度地図慧眼」のビッグデータから中国国内の移動先を見ると、旧正月の帰省ラッシュが始まる1月10~22日まで、北京、上海、杭州(浙江省)、成都(四川省)、海口(海南省)、昆明(雲南省)行きの航空便が最も多かった。

座席数から計算すると、北京行きは6万人あまり、上海と杭州、成都行きはそれぞれ5万人超となっている。

さらに、武漢を離れた人口の6~7割は湖北省内の他市に移動したことがわかった。

(翻訳編集・李沐恩)

 

 

関連キーワード
^