大紀元時報

台湾株式市場が新型肺炎へ懸念で急落、現時点で介入の計画なし

2020年01月30日 16時58分
1月30日、台湾の株式市場で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への懸念から加権指数が5%超急落しているが、市場に介入するために「国家安定基金」の会議を招集する計画は今のところないという。写真は台湾で2011年11月撮影(2020年 ロイター/PICHI CHUANG)
1月30日、台湾の株式市場で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への懸念から加権指数が5%超急落しているが、市場に介入するために「国家安定基金」の会議を招集する計画は今のところないという。写真は台湾で2011年11月撮影(2020年 ロイター/PICHI CHUANG)

[台北 30日 ロイター] - 台湾の株式市場で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への懸念から加権指数<.TWII>が5%超急落しているが、市場に介入するために「国家安定基金」の会議を招集する計画は今のところないという。台湾財政部のFrank Juan次長が30日、ロイターに述べた。

同次長は「国家安定基金は、株式市場の継続的な下落や大規模な資本流出など、特定の条件を満たさないと会議を開けない」としたうえで、「条件が満たされれば会議を開く」と語った。

国家安定基金は、市場が混乱したときに株価の暴落を防ぐための介入を行う目的で設置された。

0430GMT(日本時間午後1時30分)時点で、加権指数は5.25%安。この日が春節(旧正月)の休場明けの最初の取引となる。

同次長は、台湾当局が最近、今年の経済成長見通しを上方修正したことに言及し、市場のファンダメンタルズ(基礎的条件)は力強いと述べた。

ANZのアナリストは今週、新型肺炎の感染拡大により、貿易を通じて最も経済成長への影響を受けやすい国・地域として台湾とベトナムを挙げた。

台湾ではこれまでに8人の新型肺炎感染者が確認されているが、死亡例はない。

^