大紀元時報

台湾、本土居住の中国人の入境禁止を発表 新型肺炎の拡大阻止へ

2020年02月05日 19時42分
2月5日、台湾当局は5日、中国本土に居住するすべての中国人の入境を6日から禁止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する。写真は新型コロナウイルスについて記者会見する台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統。台湾の首都台北で1月撮影(2020年 ロイター/Fabian Hamacher)
2月5日、台湾当局は5日、中国本土に居住するすべての中国人の入境を6日から禁止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する。写真は新型コロナウイルスについて記者会見する台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統。台湾の首都台北で1月撮影(2020年 ロイター/Fabian Hamacher)

[台北 5日 ロイター] - 台湾当局は5日、中国本土に居住するすべての中国人の入境を6日から禁止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する。

台湾はすでに、多くの中国人の入境を事実上停止していたが、今回の禁止措置により制限を強化する。

台湾で感染が確認された人は11人となっており、台湾当局は入境条件の厳格化など感染拡大の阻止に向けた措置を講じてきた。

台湾の保健当局は、中国本土に居住するすべての中国人を対象とした入境制限について、「中国における(ウイルス)流行の深刻さや、中台間の緊密なやり取り」を踏まえた措置と説明した。

台湾は今週、過去14日間に中国に滞在した外国人の入境を禁止する方針も発表している。香港とマカオは対象外とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^