大紀元時報

新型コロナウイルスのワクチン開発で大きな進展=英スカイTV

2020年02月05日 19時45分
2月5日、英スカイ・ニュースは、同国の科学者による新型コロナウイルスのワクチン開発に大きな進展があったと報じた。写真は1月27日、上海の空港で撮影(2020年 ロイター/Aly Song)
2月5日、英スカイ・ニュースは、同国の科学者による新型コロナウイルスのワクチン開発に大きな進展があったと報じた。写真は1月27日、上海の空港で撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[ロンドン 5日 ロイター] - 英スカイ・ニュースは5日、同国の科学者による新型コロナウイルスのワクチン開発に大きな進展があったと報じた。

ワクチンの通常の開発期間の一部を「2─3年からわずか14日に」短縮することが可能になったという。

ワクチンの開発を進めているのは、英公立研究大学インペリアル・カレッジ・ロンドンの粘膜感染・免疫部門トップのロビン・シャトック氏。早ければ来週にもワクチンの動物実験を開始し、十分な資金を確保できれば、夏にも人体への研究を開始できるという。

スカイは、今回の感染拡大には対応できないが、次に感染が拡大した際に重要なワクチンになると報じている。

また市場関係者によると、中国のテレビは、浙江大学の研究チームが新型コロナウイルスに有効な治療薬を発見したと報じた。

これらの報道を受けて、欧州株式市場のSTOXX600指数<.STOXX>は0.8%上昇。米国株先物も0.5%値上がりしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^