大紀元時報

香港政府、新型肺炎の水際対策を強化 本土からの渡航者強制隔離も

2020年02月06日 11時05分
2月5日、香港の林鄭月娥・行政長官は、クルーズ船のターミナルを2つ閉鎖するとともに、中国本土からの渡航者は例外なく14日間、強制隔離すると発表した。写真は香港で3日撮影(2020年 ロイター/Tyrone Siu)
2月5日、香港の林鄭月娥・行政長官は、クルーズ船のターミナルを2つ閉鎖するとともに、中国本土からの渡航者は例外なく14日間、強制隔離すると発表した。写真は香港で3日撮影(2020年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 5日 ロイター] - 香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は5日、クルーズ船のターミナルを2つ閉鎖するとともに、中国本土からの渡航者は例外なく14日間、強制隔離すると発表した。

同長官は、新たな措置は新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐため、中国との境界をまたぐ人々の移動を制限することが目的だと説明した。香港の医師や看護師ら医療従事者で構成する労働組合は、中国本土との境界を完全に封鎖するよう香港政府に要求し、3日間にわたってストライキを行っている。

同長官は、これまでに香港で確認された感染者は21人だと述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^