大紀元時報

横浜港のクルーズ船内で新たに10人がウイルス感染、71人の結果判明

2020年02月06日 11時04分
NHKなど国内メディアによると、厚労省は6日、横浜港に停泊中のクルーズ船内で新たに10人のウイルス感染を確認した、と発表した。写真は横浜港の大黒ふ頭に向かう客船ダイヤモンド・プリンセス。2月6日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)
NHKなど国内メディアによると、厚労省は6日、横浜港に停泊中のクルーズ船内で新たに10人のウイルス感染を確認した、と発表した。写真は横浜港の大黒ふ頭に向かう客船ダイヤモンド・プリンセス。2月6日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 6日 ロイター] - 厚生労働省は6日、横浜港に停泊中のクルーズ船内で新たに10人のウイルス感染を確認した、と発表した。新たに検査結果が判明した71人のうち10人が陽性だった。同日中に神奈川県内の医療機関に搬送する予定。

クルーズ船の乗員乗客で感染が確認されたのは、5日と合わせて102人中20人となった。

加藤勝信厚労相は5日、乗客乗員3700人のうち273人の検査を行ったと説明している。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^