大紀元時報

中国四川省で高病原性H5N6型鳥インフル、養鶏場で初

2020年02月10日 13時42分
2月10日、中国農業農村省は南西部・四川省の養鶏場で、病原性の高いH5N6型鳥インフルエンザウイルスの感染が見つかったと明らかにした。写真は2017年2月、雲南省昆明市で撮影(2020年 ロイター)
2月10日、中国農業農村省は南西部・四川省の養鶏場で、病原性の高いH5N6型鳥インフルエンザウイルスの感染が見つかったと明らかにした。写真は2017年2月、雲南省昆明市で撮影(2020年 ロイター)

[北京 10日 ロイター] - 中国農業農村省は、南西部・四川省の養鶏場で、病原性の高いH5N6型鳥インフルエンザウイルスの感染が見つかったと明らかにした。

今年に入り、白鳥からこの型のウイルスが検出されたケースが4件発生しているが、養鶏場での検出は初めてという。

農業農村省は9日夜、この養鶏場で飼育されていた2497羽中1840羽が死んだため、残りを殺処分したと発表した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^