大紀元時報

英国、新型コロナウイルスは重大かつ差し迫った脅威と宣言

2020年02月11日 11時46分
2月10日、英国政府は、新型コロナウイルスについて公衆衛生への重大かつ差し迫った脅威だと宣言した。写真は北京で撮影(2020年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)
2月10日、英国政府は、新型コロナウイルスについて公衆衛生への重大かつ差し迫った脅威だと宣言した。写真は北京で撮影(2020年 ロイター/Carlos Garcia Rawlins)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国政府は10日、新型コロナウイルスについて公衆衛生への重大かつ差し迫った脅威だと宣言した。ウイルス蔓延対策で政府にさらなる権限が付与されることになる。

英保健省は「新型コロナウイルスの発生と伝染が公衆衛生に対する重大かつ差し迫った脅威を構成すると宣言する」と表明。「こうした規制において打ち出される措置はウイルスのさらなる伝染を遅らせたり、防いだりするのに効果的な手段とみなされる」とした。

同省はアロウィパーク病院とケンツヒルパークを「隔離」施設に、中国の武漢と湖北省を「感染地域」にそれぞれ指定した。

これまでのところ、英国ではコロナウイルスの感染者が4人となっているほか、武漢からの帰国者を14日間隔離している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^