大紀元時報

米疾病対策センターのような組織、考えていきたい=安倍首相

2020年02月17日 12時28分
2月17日、安倍晋三首相は衆院予算委員会の集中審議で、米疾病対策センター(CDC)のような組織の設立について「新型ウイルスへの対応を検討するなかで考えていきたい」と述べた。昨年12月代表撮影(2020年 ロイター)
2月17日、安倍晋三首相は衆院予算委員会の集中審議で、米疾病対策センター(CDC)のような組織の設立について「新型ウイルスへの対応を検討するなかで考えていきたい」と述べた。昨年12月代表撮影(2020年 ロイター)

[東京 17日 ロイター] - 安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会の集中審議で、米疾病対策センター(CDC)のような組織の設立について「新型ウイルスへの対応を検討するなかで考えていきたい」と述べた。伊佐進一委員(公明)への答弁。

伊佐委員は、新型ウイルスの感染拡大で日本政府の対応に海外から批判が出ていることについて、対外情報発信の充実や米CDCに相当する組織設置を政府に提案した。安倍首相は「政府としてもこれまで情報発信に取り組んできた」と指摘した。

<米チャーター機派遣は「総合的判断」>

安倍首相は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」乗船していた米国人救出のために米国がチャーター機を派遣したことについて、「米国は当初、日本のクルーズの中でしっかりとした管理がなされていると考えていたが、日本の負担軽減等を勘案しながら、総合的に判断された」と説明した。

また「海外メディアには間違った報道もある。正確な情報を発信していく」と強調した。

 

(竹本能文※)

^