大紀元時報

中国、すべての米国産鳥肉・鳥肉製品の輸入を許可

2020年02月18日 10時52分
中国農業農村省は17日、米国産のすべての鳥肉・鳥肉製品の輸入を許可したことを明らかにした。中国政府は米国で鳥インフルエンザが発生したことを受けて、2015年以降同国からのすべての鳥肉製品の輸入を禁止していた。鶏肉製品は昨年、禁止措置を解除している。写真は2014年6月に米ノースカロライナ州で撮影(2014年 ロイター/Randall Hill)
中国農業農村省は17日、米国産のすべての鳥肉・鳥肉製品の輸入を許可したことを明らかにした。中国政府は米国で鳥インフルエンザが発生したことを受けて、2015年以降同国からのすべての鳥肉製品の輸入を禁止していた。鶏肉製品は昨年、禁止措置を解除している。写真は2014年6月に米ノースカロライナ州で撮影(2014年 ロイター/Randall Hill)

[北京 17日 ロイター] - 中国農業農村省は17日、米国産のすべての鳥肉・鳥肉製品の輸入を許可したことを明らかにした。

中国政府は米国で鳥インフルエンザが発生したことを受けて、2015年以降同国からのすべての鳥肉製品の輸入を禁止していた。鶏肉製品については昨年、輸入禁止措置を解除している。

中国畜牧業協会の李景輝氏によると、今回の発表では生きている鳥の輸入も認められ、ともに米国の家禽育種世界大手であるアビアジェンとコッブバントレスといった企業にとって恩恵となる。

各社は中国への種畜の輸出について、他国にある生産拠点からの出荷に限定されていた。

アビアジェンとコッブバントレスの中国オフィスに電話をかけたが、応答はなかった。

米国は世界最大の家禽種畜生産国。

中国は世界2番目の鳥肉生産国であり、病気の蔓延で豚の頭数が減少したことを受けた食肉不足を補うため、生産を拡大している。

*内容を追加しました。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^