大紀元時報

感染拡大防止に国民協力必要、会社休める環境整備を=安倍首相

2020年02月18日 21時11分
2月18日、安倍晋三首相は新型コロナウイルス感染症対策本部で、感染拡大防止のため国民の協力が必要と強調し、発熱した場合に学校や会社を休みやすい環境整備が必要と述べた。写真は新宿の景色。2018年5月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)
2月18日、安倍晋三首相は新型コロナウイルス感染症対策本部で、感染拡大防止のため国民の協力が必要と強調し、発熱した場合に学校や会社を休みやすい環境整備が必要と述べた。写真は新宿の景色。2018年5月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 18日 ロイター] - 安倍晋三首相は18日の新型コロナウイルス感染症対策本部で、感染拡大防止のため国民の協力が必要と強調し、発熱した場合に学校や会社を休みやすい環境整備が必要と述べた。高齢者には人混みの多い場所への外出などを避けるよう求めた。

首相は新型コロナウイルスについて、専門家会議で「感染経路が特定できない症例が複数認められ、患者増加を想定した対策が必要との見解が示された」と指摘した。

「今後、感染拡大を防止するためにはさまざまな場面で国民の協力が必要だ。発熱等の症状がみられる場合は学校や会社を休み外出を控えて欲しい」と訴えた。そのためには「学校や企業における理解が必要で、休みやすい環境整備が大切。テレワークも有効な手段」と指摘した。

「人が密着するような大規模なイベントは、専門家の意見を聞いたうえで開催時期の見直しの必要性を判断してほしい」とした。

 

(竹本能文)

^