大紀元時報

米国防総省ナンバー3のルード次官が辞表、「大統領が要請と理解」

2020年02月20日 10時52分
米国防総省は19日、同省のナンバー3であるジョン・ルード次官(写真)が月末に辞任すると発表した。同省は理由を説明していない(2020年 ロイター/Laszlo Balogh)
米国防総省は19日、同省のナンバー3であるジョン・ルード次官(写真)が月末に辞任すると発表した。同省は理由を説明していない(2020年 ロイター/Laszlo Balogh)

[ワシントン 19日 ロイター] - 米国防総省は19日、同省のナンバー3であるジョン・ルード次官(政策担当)が月末に辞任すると発表した。同省は理由を説明していない。

ロイターが入手した辞表によると、ルード次官は国防総省による「増大する中国の脅威」への注力を含め、主要な政策に関与できたことついてトランプ大統領に謝意を表明。「大統領が私の辞任を要請したと理解している」とした。

米政府内では、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に対する輸出制限などを巡り見解が対立。中国への輸出の一段の制限を求める声が一部で上がる中、トランプ大統領は前日、国家安全保障を口実として米製品の国外での販売が制限されることはあってはならないとの考えを示した。

ルード氏は米ロッキード・マーチン<LMT.N>出身。国防総省政策担当国防次官に2018年1月に就任した。同省の声明によると、後任が決まるまで、政策担当副次官の任務を務めているジェームズ・アンダーソン氏が暫定次官を務める。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^