大紀元時報

米、中国は通商合意順守と予想 新型肺炎にかかわらず=財務省高官

2020年02月21日 10時48分

[ワシントン 20日 ロイター] - 米財務省高官は20日、米中通商交渉の「第1段階の合意」について、新型コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、中国は合意内容を順守するとの見方を示した。

財務省高官は中国を発生源とする新型ウイルスの感染拡大が世界経済に及ぼす影響について判断するのは時期尚早としながらも、中国経済は第1・四半期は落ち込むもののその後は上向き、∨字型の回復を遂げるという見方が基本的なシナリオとなっていると指摘。

感染拡大で第1段階の合意内容を変更する必要に迫られるかとの質問に対し、「現時点では第1段階の合意の実施に変更はないと予想している。中国は確約事項を順守するとの見方を変えていない」と述べた。

今月発効した第1段階の合意で中国は、米国からの輸入を2020年に17年比で770億ドル増やし、21年は同年比で1230億ドル増やすと確約している。

ただ、通商専門家などは、中国がこれほどまで大幅に対米輸入を拡大できるかどうかについて懐疑的な見方を示してきた。

一方、中国共産党機関紙・人民日報傘下の環球時報は20日、中国は液化天然ガス(LNG)の供給過多に直面しているにもかかわらず、米産LNGを1000万トン購入する公算が大きいと報じた。

*内容を追加します。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^