大紀元時報

サウジ、イエメンから撃ち込まれたミサイルを迎撃=国営通信

2020年02月21日 10時46分

[カイロ 21日 ロイター] - サウジアラビアは21日未明、イエメンの親イラン武装組織フーシ派がサウジに向けて撃ち込んだ複数の弾道ミサイルを迎撃し、破壊したことを明らかにした。国営サウジ通信(SPA)が、サウジ主導の連合軍の情報として報じた。

SPAによると、連合軍の報道官は、ミサイルがイエメンの首都サヌアから撃ち込まれ、サウジの都市や一般市民が標的とされたとの見方を示した。

フーシ派は現時点で攻撃を認めていない。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^