大紀元時報

イラン、新型ウイルス拡大で孤立深まる イタリアさらに感染増

2020年02月26日 11時42分
イランで25日、新型コロナウイルス感染による死者が16人に増加し、中国以外では最多になった。このほか、感染者が増えている韓国やイタリアは感染拡大に向けた緊急措置を強化した。テヘランで20日撮影(2020年 ロイター/WANA NEWS AGENCY)
イランで25日、新型コロナウイルス感染による死者が16人に増加し、中国以外では最多になった。このほか、感染者が増えている韓国やイタリアは感染拡大に向けた緊急措置を強化した。テヘランで20日撮影(2020年 ロイター/WANA NEWS AGENCY)

[ドバイ/北京 25日 ロイター] - イランで25日、新型コロナウイルス感染による死者が16人に増加し、中国以外では最多になった。このほか、感染者が増えている韓国やイタリアは感染拡大に向けた緊急措置を強化した。

中国の湖北省武漢の野生動物が感染源と疑われる新型ウイルスは、中国国内で感染者約8万人、死者約2700人に被害が拡大。ただ、世界保健機関(WHO)は今月2日以降は感染は減少しているとの認識を示している。

ただロイターのまとめによると、中国本土外では約30の国・地域に感染が広がり、死者も約30人に上っている。特にイラン、イタリア、韓国での拡大に懸念が高まっている。

米国による経済制裁の中、イランではさらなる孤立化の恐れが出ており、複数の国が航空便の運航を停止したほか、オマーンの港ではイランとの交易を停止。国境を封鎖する周辺国も出ている。

感染者は35人増加し、計95人になった。前日には感染疑い例が900人前後に達しているとしていた。

ロウハニ大統領はテレビ演説で新型ウイルスを「招かれざる不吉な客」とした上で「われわれはこの状況を切り抜ける」と鼓舞した。

こうした中、新型ウイルス感染防止に取り組んでいたハリルチ保健次官が動画を通じ、ウイルスに感染したと公表。また、マフムード・サデギ議員もこの日、ツイッターへの投稿で「新型ウイルスの陽性反応が出た。生き続けることに大きな望みは抱いていない」と明らかにした。

新型ウイルスがこのほど初めて確認されたアフガニスタン、バーレーン、イラク、クウェート、オマーンでは、全ての感染者がイランを訪問していた。

<イタリアは欧州最悪の被害>

イタリア当局は25日、新型コロナウイルスの患者4人が死亡したと発表。これで国内の死者は11人になった。また当局によると、南部シチリア島でも感染者を確認。イタリアではミラノのあるロンバルディア州と隣接するベネト州で感染が広がっているが、首都ローマ以南では初めて。

ロンバルディア州では新たに3人が死亡。亡くなった3人はいずれも80代の高齢者という。25日時点で、国内での感染者は322人に達した。

WHOはイタリアについて、人から人への感染阻止に注力しており、拡大防止に向けた適切な措置を取っていると述べた。

一方、25日と発表されていたWHOによるイラン訪問は遅れていると指摘。出発時期は未定だという。イランのWHO事務所が当局と連絡を取り合っているとした。

<米当局は備えを呼び掛け>

新型ウイルスが世界経済に与える打撃への懸念で、この日も世界的な株安は続き、各国市場は約2カ月ぶりの安値まで下落した。

米疾病対策センター(CDC)は、新型コロナウイルスの感染が中国外に広がっていることを踏まえ、米国内での感染拡大に備えるよう警戒を促した。

CDC国立予防接種・呼吸器疾患センター(NCIRD)のナンシー・メソニエ所長は「他国での感染拡大に関する過去の週間データを受け、われわれの懸念は深まり、米国で地域感染が発生するという観測が高まった」と述べた。

現時点で不明なのは感染拡大が始まる時期、さらにどの程度深刻な流行になるかで、「日常生活に深刻な混乱が生じる可能性がある」と警鐘を鳴らした。

アザー米厚生長官も、新型コロナウイルスの米国内の感染が今後増えるとの見方を示し、議会に25億ドル規模の対策費を要請した。

こうした中、米製薬大手ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>は抗ウイルス薬「レムデシビル」について、新型ウイルスに感染した入院患者に対する初の臨床試験を始めたと発表した。

臨床試験の対象者はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で感染し、帰国した米国人だという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^