大紀元時報

原油先物、週間で金融危機以来の大幅安 新型コロナ懸念などで

2020年03月14日 11時48分
原油先物価格は新型コロナを巡る懸念などから、週間ベースで2008年の世界金融危機以来の下落率を記録した。写真は13日、ニューヨーク州のガソリンスタンドで撮影(2020年 ロイター/Jessica Resnick-Ault)
原油先物価格は新型コロナを巡る懸念などから、週間ベースで2008年の世界金融危機以来の下落率を記録した。写真は13日、ニューヨーク州のガソリンスタンドで撮影(2020年 ロイター/Jessica Resnick-Ault)

[ニューヨーク 13日 ロイター] - 原油先物価格は週間ベースで2008年の世界金融危機以来の下落率を記録した。新型コロナウイルスの感染拡大のほか、サウジアラビアとロシアの価格競争が重しになった。

米国などが景気刺激策を打ち出したことを受け、この日の原油価格は上昇。清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が0.63ドル(1.9%)高の1バレル=33.85ドル。米WTI先物<CLc1>は0.23ドル(0.73%)高の31.73ドル。

ただ、週間では北海ブレントは25%、WTIは約23%下落し、それぞれ08年以来の大幅安となった。

 

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

^