大紀元時報

ドイツ、仏など5カ国との国境で検問実施へ 新型コロナ感染増加で

2020年03月16日 11時14分
ドイツ政府は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、オーストリア、スイス、フランス、ルクセンブルク、デンマークの5カ国との国境で、16日から検問を実施すると発表した。写真は関係閣僚と新型コロナの経済対策を討議する前に声明を発表するメルケル首相。3月13日、ベルリンで撮影(2020年 ロイター/John Macdougall)
ドイツ政府は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、オーストリア、スイス、フランス、ルクセンブルク、デンマークの5カ国との国境で、16日から検問を実施すると発表した。写真は関係閣僚と新型コロナの経済対策を討議する前に声明を発表するメルケル首相。3月13日、ベルリンで撮影(2020年 ロイター/John Macdougall)

[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツ政府は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、オーストリア、スイス、フランス、ルクセンブルク、デンマークの5カ国との国境で、16日から検問を実施すると発表した。

一時的な措置で、16日午前8時(日本時間同日午後4時)から導入される。

ゼーホーファー内相は記者会見で、新型ウイルスの感染が急速に拡大しているとの見方を示し「ピークにはまだ、達していないと想定しなければならない」と指摘。「状況は非常に深刻だ」と述べた。

ロベルト・コッホ研究所によると、15日時点でドイツ国内の新型ウイルス感染者は4838人、死者は12人。前日は感染者が3795人、死者は8人だった。

ドイツ全土では今週、学校や保育施設が4月のイースター(復活祭)後まで閉鎖される。

北部のハンブルクは15日、ベルリンやケルンに続き、すべてのバーや映画館、劇場などを休業とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^