大紀元時報

米、早ければ2週間以内に原油買取開始も 戦略備蓄補充=関係筋

2020年03月17日 02時07分
米エネルギー省は、トランプ大統領が先週末に戦略石油備蓄(SPR)の補充を指示したことを受け、早ければ2週間以内に原油の買い取りを開始する可能性がある。オクラホマ州クッシングで2016年3月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)
米エネルギー省は、トランプ大統領が先週末に戦略石油備蓄(SPR)の補充を指示したことを受け、早ければ2週間以内に原油の買い取りを開始する可能性がある。オクラホマ州クッシングで2016年3月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ワシントン 16日 ロイター] - 米エネルギー省は、トランプ大統領が先週末に戦略石油備蓄(SPR)の補充を指示したことを受け、早ければ2週間以内に原油の買い取りを開始する可能性がある。同省関係者が16日、明らかにした。買い取りは数カ月間継続するとみられる。

エネルギー省によると、戦略石油備蓄には追加で7700万バレルの備蓄余地がある。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^