大紀元時報

今後の対策は中身が大事、それを踏まえて財源を検討=菅官房長官

2020年03月18日 13時19分
3月18日、菅義偉官房長官は午前の会見で、今後打ち出す新型コロナウィルスの感染拡大防止や景気対策の財源について、対策の内容を踏まえて検討するとの認識を示した。写真は都内で昨年9月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)
3月18日、菅義偉官房長官は午前の会見で、今後打ち出す新型コロナウィルスの感染拡大防止や景気対策の財源について、対策の内容を踏まえて検討するとの認識を示した。写真は都内で昨年9月撮影(2020年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 18日 ロイター] - 菅義偉官房長官は18日午前の会見で、今後打ち出す新型コロナウィルスの感染拡大防止や景気対策の財源について、対策の内容を踏まえて検討するとの認識を示した。

同長官は「これまでの緊急対策は予備費や政府系金融機関の融資枠拡大で対応してきた。今後の対策は、まず中身が大事であり、それを踏まえた上での検討になる」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^