大紀元時報

サウジ、最高水準の原油供給を数カ月継続=エネルギー省

2020年03月19日 01時50分
サウジアラビアのエネルギー省は18日、国営石油会社サウジアラムコに対し今後数カ月にわたり原油供給を過去最高水準の日量1230万ドルに維持するよう指示したと述べた。アブカイクで昨年10月撮影(2020年 ロイター/Maxim Shemetov)
サウジアラビアのエネルギー省は18日、国営石油会社サウジアラムコに対し今後数カ月にわたり原油供給を過去最高水準の日量1230万ドルに維持するよう指示したと述べた。アブカイクで昨年10月撮影(2020年 ロイター/Maxim Shemetov)

[ドバイ 18日 ロイター] - サウジアラビアのエネルギー省は18日、国営石油会社サウジアラムコ<2222.SE>に対し今後数カ月にわたり原油供給を過去最高水準の日量1230万ドルに維持するよう指示したと述べた。

サウジは今月、4月の原油供給を同水準に引き上げると発表したほか、原油輸出量も5月から日量1000万バレル以上に増やす計画を明らかにしていた。

また、サウジアラムコは16日、4月の産油量を5月も維持する見込みを示したほか、1バレル=30ドルという価格水準でも特に問題ないという見解を示し、当面は低価格に対応する用意があることを示唆した。

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の協調減産交渉が決裂した今月6日以来、原油価格<LCOc1>は40%以上急落し、30ドルを下回っている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^