大紀元時報

トランプ大統領、新型コロナで対中批判強める

2020年03月19日 21時23分
トランプ米大統領(写真)は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、中国への批判を強めた。(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)
トランプ米大統領(写真)は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、中国への批判を強めた。(2020年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 18日 ロイター] - トランプ米大統領は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、中国への批判を強めた。

大統領は中国がもっと迅速に行動し、世界各国に警告を発するべきだったと主張。また新型コロナを「中国ウイルス」と表現し批判されたことについては「人種差別主義ではない。新型コロナは中国から来たのだ」と述べ、自身を擁護した。

大統領はホワイトハウスで会見し「あなた方が中国に責任があると言うかどうかはわからないが、我々が早期に動けなかったことは確かだ。もっと早く知っていれば助けになった。だが(新型コロナは)中国から来た。その点に疑問の余地はない。その点はだれも疑っていない」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^