大紀元時報

米連邦住宅金融局、住宅差し押さえ回避措置発表 新型コロナ対策

2020年03月19日 16時00分
3月18日、米連邦住宅金融局(FHFA)は、全米の戸建て住宅の約半数が少なくとも60日間差し押さえや立ち退きを免れる措置を発表した。写真はコロナウイルス禍のニューヨークで撮影(2020年 ロイター/Lucas Jackson)
3月18日、米連邦住宅金融局(FHFA)は、全米の戸建て住宅の約半数が少なくとも60日間差し押さえや立ち退きを免れる措置を発表した。写真はコロナウイルス禍のニューヨークで撮影(2020年 ロイター/Lucas Jackson)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米連邦住宅金融局(FHFA)は、全米の戸建て住宅の約半数が少なくとも60日間差し押さえや立ち退きを免れる措置を発表した。

新型コロナウイルスの影響で住宅ローン返済が困難になっている住宅所有者を支援する。

対象となるのは連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が保証する住宅ローンを利用している2800万人。戸建て住宅の不動産ローンの約44%に適用される。

FHFAのディレクター、マーク・カラブリア氏は「対象となる住宅ローンの利用者は、現在の非常事態に自分の家に住み続けることができる。新型コロナで厳しい状況にある住宅ローン返済者が、支援を受けられるようにすることが目的だ」と述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^