大紀元時報

ドイツが新型コロナで1500億ユーロの緊急予算、債務制限を停止

2020年03月22日 16時59分
ドイツのショルツ財務相は21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける企業や雇用を支援するため、1500億ユーロ(1600億ドル)超の緊急予算を計上する方針を明らかにした。写真は閣議に出るメルケル首相(右)とショルツ財務相。3月11日、ベルリンで撮影(2020年 ロイターMichele Tantussi)
ドイツのショルツ財務相は21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける企業や雇用を支援するため、1500億ユーロ(1600億ドル)超の緊急予算を計上する方針を明らかにした。写真は閣議に出るメルケル首相(右)とショルツ財務相。3月11日、ベルリンで撮影(2020年 ロイターMichele Tantussi)

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツのショルツ財務相は21日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受ける企業や雇用を支援するため、1500億ユーロ(1600億ドル)超の緊急予算を計上する方針を明らかにした。

複数の政府高官によると、この予算を含めた経済対策全体の規模は7500億ユーロを超える見通し。

財政規律に厳格なドイツは債務の上限を憲法で定めているが、ショルツ財務相は緊急事態に当たるとして制限を停止する考えを明らかにした。ショルツ氏は会見で、「最初から明確で強力なシグナルを送ることが重要だ」と語った。

複数の高官、さらにロイターが閲覧した法案によると、経済対策には1560億ユーロの補正予算のほか、企業の株式を直接取得することが可能な経済安定基金1000億ユーロ、公的金融機関への信用供与費用1000億円ユーロなどが含まれる。パッケージ全体で総額7500ユーロを上回る。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^