大紀元時報

自身の考えをIOC会長に伝える機会持てることを期待=安倍首相

2020年03月23日 18時10分
3月23日、安倍晋三首相は午後の参議院予算委員会で、東京五輪の開催について自身の考え方を伝えられるよう、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と話をする機会を持つことに期待感を示した。写真は首相官邸で14日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
3月23日、安倍晋三首相は午後の参議院予算委員会で、東京五輪の開催について自身の考え方を伝えられるよう、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と話をする機会を持つことに期待感を示した。写真は首相官邸で14日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 23日 ロイター] - 安倍晋三首相は23日午後の参議院予算委員会で、東京五輪の開催について自身の考え方を伝えられるよう、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と話をする機会を持つことに期待感を示した。

安倍首相は「今現在、五輪ができるかといったら、世界はそのような状態ではない」との認識を示す一方、IOCが4週間後に結論を出す方針を示したことで「4週間後には一定の方向性が示されることを期待する」と述べた。

その上で、五輪の場合「世界のアスリートがしっかりと練習でき、世界から参加してもらい、観客が安心して参加できるような形で開催したい、という方向で考えている」と述べた。

 

(中川泉 )

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^