大紀元時報

北海ブレント先物、約20年ぶり安値から持ち直し 米先物も大幅高

2020年04月23日 06時39分
米国時間の原油先物価格は、北海ブレント先物が3日ぶりに反発したほか、米WTIも大幅高となった。オクラホマ州ベルマで2016年4月撮影(2020年 ロイター/Luc Cohen)
米国時間の原油先物価格は、北海ブレント先物が3日ぶりに反発したほか、米WTIも大幅高となった。オクラホマ州ベルマで2016年4月撮影(2020年 ロイター/Luc Cohen)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 米国時間の原油先物価格は、北海ブレント先物が3日ぶりに反発したほか、米WTIも大幅高となった。石油輸出国機構(OPEC)による追加減産協議の報道や米原油在庫の増加が予想を下回ったことなどが背景。

清算値は北海ブレント先物<LCOc1>が1.04ドル(5.4%)高の1バレル=20.37ドル。この日は一時15.98ドルまで下げ、1999年以来の安値を付けた。

WTI先物6月限<CLM0>は2.21ドル(19.1%)高の13.78ドルだった。

リッターブッシュ・アンド・アソシエーツのプレジデント、ジム・リッターブッシュ氏は、この日の相場について「原油価格を今週マイナス圏に追いやった需給要因が消えたわけではないため、底値形成を示唆するものではない」と述べた。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^