大紀元時報

米FDA、米大統領期待の抗マラリア薬に警告 心拍異常のリスク

2020年04月25日 06時39分
4月24日、米食品医薬品局(FDA)はトランプ米大統領が新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待を示している抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンについて、他の医薬品と併用された場合などに深刻な心拍リズムの乱れが引き起こされる恐れがあるとして、病院以外の場所での投与に警告した。写真はベルギーの病院で(2020年 ロイター/Yves Herman)
4月24日、米食品医薬品局(FDA)はトランプ米大統領が新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待を示している抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンについて、他の医薬品と併用された場合などに深刻な心拍リズムの乱れが引き起こされる恐れがあるとして、病院以外の場所での投与に警告した。写真はベルギーの病院で(2020年 ロイター/Yves Herman)

[24日 ロイター] - 米食品医薬品局(FDA)は24日、トランプ米大統領が新型コロナウイルス感染症の治療薬として期待を示している抗マラリア薬ヒドロキシクロロキンについて、他の医薬品と併用された場合などに深刻な心拍リズムの乱れが引き起こされる恐れがあるとして、病院以外の場所での投与に警告した。

FDAは、ヒドロキシクロロキンが外来患者に処方されるケースが増えていることは認識しているとした上で、同薬が抗生物質のアジスロマイシンなどと併用された場合や、心臓や腎臓に基礎疾患がある患者に投与された場合、心拍リズム異常のリスクが高まる恐れがあると警告した。

FDAは新型ウイルス感染症(COVID-19)に対応するにあたり、ヒドロキシクロロキンの非常用の利用は認めているが、通常の治療薬としての利用は認めていない。

欧州連合(EU)の医薬品当局も前日、ヒドロキシクロロキンの副作用について警告し、医療関係者に対し投与されている患者を注意して見守るよう呼び掛けた。

米国では、ヒドロキシクロロキン投与の効果は全くなく、死亡リスクを高める恐れがあるとする査読前の論文がネット上で公開されている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^