大紀元時報

長江デルタの抗生物質汚染が深刻 妊婦の40%から検出

2020年04月27日 22時28分
南京市を流れる長江(STR/AFP via Getty Images)
南京市を流れる長江(STR/AFP via Getty Images)

中国の週刊誌「暸望」によると、最近の調査によると、長江デルタ在住の40%の妊婦と、80%の子どもの尿からも抗生物質が検出された。中には臨床で使用禁止されているものもあり、人間の免疫力を損なう可能性がある。

河南大学の長江保護緑色発展研究所の最新研究で、長江の抗生物質の平均濃度は156ng/lで、欧米の先進国より高いことがわかった。 長江下流からの抗生物質排出量は国内トップ3に入り、年間排出原単位は約60.0kg/km2となっている。

揚子江保護緑地開発研究所・生態環境センター長で、南京水科学院・生態環境センター長の陳観信教授は、抗生物質とその代謝物が非耐性微生物、植物プランクトン、魚類などの水生生物に潜在的な毒性学的リスクをもたらし、水生食物連鎖のエネルギー移動を乱し、上位捕食者や水生生態系の健康に影響を与えるという。

南京水科学院・生態学研究所の王志源氏は、「抗生物質の使用が厳しく管理されていなければ、今後も増え続ける」と指摘した。王氏は、長江デルタ地域は人間活動が活発で、多量の抗生物質を使用しているため、抗生物質による汚染の防止が長江の中・上流よりも困難だと指摘した。

抗生物質の汚染源は、医療、畜産業、食品加工業と市民の日常的な使用がメインで、特に前者の2つが主要な汚染源となっている。

長江の水に含まれる抗生物質は、主に病院や製薬工場の廃水、水産・畜産廃水、ゴミ埋立て地などから発生している。

報告書によると、長江下流域は抗生物質の排出量が国内トップ3に入るという調査結果が出ている。 長江デルタに位置する都市の水源近くには製薬会社3社の汚水排出口がある。また、一部支流の合流地点には6、7社の製薬工場があり、排水には高濃度の抗生物質が含まれている。

抗生物質のほとんどは既存の処理法では効果的に除去することができず、その結果、河川や湖沼に抗生物質や薬剤耐性遺伝子が蓄積され、長江流域の住民の安全を脅かしている。

中国の多くの専門家は現在、抗生物質乱用の規制が不十分なために、河川や湖の抗生物質の濃度が深刻なレベルに達していると指摘している。

中国は抗生物質の乱用が最も深刻な国だ。 中国人は毎年8万トン近くの抗生物質を使用し、動物はさらに多くの抗生物質を使用することが報告されている。抗生物質はさまざまなルートで水や土壌に入り、その結果、鶏、アヒル、豚、牛、魚などの食べ物を通じて、人体に摂取された。

「中国は世界最大の抗生物質の生産国であり、使用者でもある」と、2015年に中国科学院広州地球化学研究所の研究員だった応光国氏は述べた。

2015年4月、中央テレビ局の報道によると、同年の復旦大学(上海)の調査で、江蘇省、浙江省、上海市の8~11歳までの1000人以上の子どもの60%近くが尿に抗生物質が含まれており、四分の一は2種類以上の抗生物質を検出し、中には6種類の抗生物質が検出された子どももいたという。

2015年6月、広州の地元紙・羊城晩報は、2014年5月に華東理工大学などが発表した研究で、中国の表層水に68種類の抗生物質が存在していることが分かったと報じた。 また、世界保健機関(WHO)は、中国の抗生物質乱用をコントロールできなければ、世界に危害を及ぼすと中国政府に繰り返し警告を発している。

(翻訳編集・李沐恩)
 

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^