大紀元時報

中国のコロナワクチン、カナダで試験・製造の可能性

2020年05月13日 19時20分
カナダの科学・産業研究機関であるカナダ国立研究機構(NRC)は12日、新型コロナウイルスワクチンを開発する中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)と協力する方針を明らかにした。写真は天津市のカンシノ施設。2018年11月撮影(2020年 ロイター/CHINA STRINGER NETWORK)
カナダの科学・産業研究機関であるカナダ国立研究機構(NRC)は12日、新型コロナウイルスワクチンを開発する中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)と協力する方針を明らかにした。写真は天津市のカンシノ施設。2018年11月撮影(2020年 ロイター/CHINA STRINGER NETWORK)

[トロント 12日 ロイター] - カナダの科学・産業研究機関であるカナダ国立研究機構(NRC)は12日、新型コロナウイルスワクチンを開発する中国カンシノ・バイオロジクス(康希諾生物)<6185.HK>と協力する方針を明らかにした。

モントリオールにある政府施設を利用し、カンシノが手掛けるワクチンの製造工程を拡張する。カンシノはカナダ当局への治験許可申請に向け準備を進める見通し。

NRCは、一般的には協業に伴い当局の承認を得た上でデータ共有が可能になるとした上で「中国のデータを発展させる形でカナダでも治験を行い、ワクチン候補の安全性に関する理解を深めたい」と述べた。

NRCとカンシノは2013年以降、協力関係にある。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^