大紀元時報

原油先物が小幅高、米中対立で上値重く

2020年05月26日 06時50分
25日の原油先物相場は小幅高。米英市場が休場となる中、薄商いだった。香港を巡る米中の対立などで上値が重かった。テキサス州ミッドランドで昨年2月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)
25日の原油先物相場は小幅高。米英市場が休場となる中、薄商いだった。香港を巡る米中の対立などで上値が重かった。テキサス州ミッドランドで昨年2月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ロンドン 25日 ロイター] - 25日の原油先物相場は小幅高。米英市場が休場となる中、薄商いだった。香港を巡る米中の対立などで上値が重かった。

北海ブレント原油先物<LCOc1>の清算値は0.40ドル高の35.53ドル。米国原油の指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物<CLc1>は33.74ドル。メモリアルデーのため清算値はなし。各先物とも年初来では約45%下落。

ある市場関係者は、全米自動車協会(AAA)がメモリアルデーを含む連休中の旅行者数予想を公表しなかったことからも、先行き不透明感の根強さがうかがえると述べた。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^