大紀元時報

アビガンの5月承認断念、効果まだ不明 企業未申請=報道

2020年05月26日 10時14分
5月26日、共同通信など国内メディアは同日までに、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、政府が月内の薬事承認を断念したと報じた。写真は都内で2014年10月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
5月26日、共同通信など国内メディアは同日までに、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、政府が月内の薬事承認を断念したと報じた。写真は都内で2014年10月撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 26日 ロイター] - 共同通信など国内メディアは26日までに、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、政府が月内の薬事承認を断念したと報じた。安倍晋三首相は「5月中の承認」を目指すと表明していたが、25日時点で審査の前提となる企業からの承認申請はなく、現段階では有効性を示すデータが出ていない。

共同通信によると、手続きは6月以降になる見通し。アビガンを開発した富士フイルム富山化学は有効性や安全性を確認する治験を行っているが6月末まで続く予定で、申請をすぐに出すのは難しい情勢という。

政府は共同通信に対し、今後明らかになっていく治験や臨床研究のデータを踏まえ、有効性が認められれば、引き続き早期の承認を目指す考えは変わらないとしている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^