大紀元時報

イスラエル首相、ヨルダン川西岸の一部併合へ決意改めて強調

2020年05月26日 16時55分
イスラエルのネタニヤフ首相(写真中央)は25日、ヨルダン川西岸の一部を併合する「歴史的機会」を逃すことはしないと表明、今月発足した新連立政権の最優先課題の1つだとの見方を示した。写5月24日、エルサレムで撮影。代表撮影(2020年 ロイター)
イスラエルのネタニヤフ首相(写真中央)は25日、ヨルダン川西岸の一部を併合する「歴史的機会」を逃すことはしないと表明、今月発足した新連立政権の最優先課題の1つだとの見方を示した。写5月24日、エルサレムで撮影。代表撮影(2020年 ロイター)

[エルサレム 25日 ロイター] - イスラエルのネタニヤフ首相は25日、ヨルダン川西岸の一部を併合する「歴史的機会」を逃すことはしないと表明、今月発足した新連立政権の最優先課題の1つだとの見方を示した。

パレスチナ自治政府は占領地の違法な併合だとして反発しており、抗議の意を示すため、先週にイスラエルと米国との安全保障協力の停止を宣言した。

ネタニヤフ首相はヨルダン川西岸のユダヤ人入植地とヨルダン渓谷を主権下に置く方針について、7月以降に内閣で議論を進める考えを示しており、欧州連合(EU)は警戒感を強めている。

ポンペオ米国務長官はこれまで、この問題は複雑で、米国と調整する必要があるとの認識を示している。イスラエルの新政権でネタニヤフ氏の新たなパートナーとなった中道派のガンツ元軍参謀総長は態度を曖昧にしている。

ネタニヤフ氏は自身が率いる右派「リクード」の議員の会合で、ヨルダン川西岸の一部を「外交手段として賢明な形で主権下に置く歴史的機会」があると述べ、「われわれはこれを逃すことはしない」とした。

ネタニヤフ氏はこれまで、トランプ米大統領が1月に発表した中東和平案が事実上の併合に根拠を与えているとの見方を示している。パレスチナ自治政府は同和平案を拒否している。和平案はヨルダン川西岸のユダヤ人入植地でのイスラエルの主権を認める内容となっている。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^