大紀元時報

米商工会議所、香港国家安全法に懸念 中国に緊張緩和へ努力要請

2020年05月27日 06時44分
米商工会議所は26日、中国政府が制定を目指す「香港国家安全法」によって「一国二制度」で保障された香港の高度の自治が脅かされる恐れがあるとの懸念を表明し、緊張緩和に努めるよう中国に要請した。写真は北京の香港政府事務所。25日撮影(2019年 ロイター/TINGSHU WANG)
米商工会議所は26日、中国政府が制定を目指す「香港国家安全法」によって「一国二制度」で保障された香港の高度の自治が脅かされる恐れがあるとの懸念を表明し、緊張緩和に努めるよう中国に要請した。写真は北京の香港政府事務所。25日撮影(2019年 ロイター/TINGSHU WANG)

[ワシントン 26日 ロイター] - 米商工会議所は26日、中国政府が制定を目指す「香港国家安全法」によって「一国二制度」で保障された香港の高度の自治が脅かされる恐れがあるとの懸念を表明し、緊張緩和に努めるよう中国に要請した。

商工会議所は声明で、香港が魅力的な投資先かつ金融の中心地という役割を果たす上で不可欠である特別な地位を損なうことは「重大な過ち」と強調した。

米政府に対しては香港との建設的な関係を維持するよう促したほか、香港の特別な地位が大きく変化すれば、香港で事業を展開する米企業が大きな痛手を被る恐れがあるとの認識を示した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^