大紀元時報

米副大統領報道官が職場復帰、新型コロナ感染

2020年05月27日 06時51分

[ワシントン 26日 ロイター] - 新型コロナウイルス感染したペンス米副大統領のケイティ・ミラー報道官が26日、職場に復帰した。

同氏はトランプ大統領の顧問(移民政策担当)のスティーブン・ミラー氏の妻。ケイティ氏の感染判明を受け、政権内で感染が広がらないようホワイトハウス内でマスク着用が奨励されるきっかけとなった。

ケイティ氏は5月初旬に感染。新型ウイルス検査で3回陰性反応が出たため、職場に復帰したとしている。

ホワイトハウスのマクナニー報道官によると、スティーブン・ミラー氏は妻の感染を受け自主隔離に入っていたが、職場に復帰した。

ホワイトハウス内でマスク着用が広がる中でも、73歳のトランプ大統領は着用を拒否している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^