大紀元時報

米カリフォルニア州、床屋と美容院の営業再開へ

2020年05月27日 08時26分
米カリフォルニア州のニューソム知事は26日、公衆衛生当局が安全と見なす州内の地域で床屋と美容院の営業再開を認める方針を示した。写真はナパにある理髪店。3月19日撮影(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)
米カリフォルニア州のニューソム知事は26日、公衆衛生当局が安全と見なす州内の地域で床屋と美容院の営業再開を認める方針を示した。写真はナパにある理髪店。3月19日撮影(2020年 ロイター/Shannon Stapleton)

[サクラメント(米カリフォルニア州) 26日 ロイター] - 米カリフォルニア州のニューソム知事は26日、公衆衛生当局が安全と見なす州内の地域で床屋と美容院の営業再開を認める方針を示した。同州は新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため導入した制限措置の解除を進めている。

同日公表された新たな指針によると、同州58郡のうち47郡で営業再開が認められた。従業員は接客時にマスクなどで顔を覆うことが義務付けられるほか、目を保護するゴーグルなども着用することが奨励されている。顧客もマスク着用や手の消毒、社会的距離に関する指針に従うことが必要となる。

従業員と顧客には、体温検査や新型コロナの他の症状がないかの確認も行う。

同州は前日には、小売店と礼拝施設の再開を許可した。[nL4N2D72JY]

米国各地で制限措置の緩和が進む中、一部の公衆衛生専門家は経済再開を急げば感染の急増につながる恐れがあると警告している。ロイターの分析によると、米国内20州で5月24日までの週に新規感染者が増加した。フロリダ州は6%近く増えた。一方、ニューヨーク州は2桁減となった。

ニューヨーク州のクオモ知事は26日、トランプ大統領に対し、米経済再生に向けたインフラ支出を支援するよう要請した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^