大紀元時報

ロシアのハッキング行為に警戒を、NSAが呼び掛け

2020年05月29日 11時36分
米国家安全保障局(NSA)は28日、ロシアが特殊な技術を用いてハッキングを行っているとして、政府当局や民間企業に警戒するよう呼び掛けた。メリーランド州フォートミードで2018年2月撮影(2019年 ロイター/SAIT SERKAN GURBUZ)
米国家安全保障局(NSA)は28日、ロシアが特殊な技術を用いてハッキングを行っているとして、政府当局や民間企業に警戒するよう呼び掛けた。メリーランド州フォートミードで2018年2月撮影(2019年 ロイター/SAIT SERKAN GURBUZ)

[28日 ロイター] - 米国家安全保障局(NSA)は28日、ロシアが特殊な技術を用いてハッキングを行っているとして、政府当局や民間企業に警戒するよう呼び掛けた。

最も影響を受けた業種や不正アクセスされた組織数、対象となった具体的な地域などは明かされていない。

NSAによると、ロシア軍の情報機関であるロシア連邦軍参謀本部情報総局(GRU)のハッカーが、リナックスなどユニックス系の基本ソフト(OS)に標準的に採用されているメール転送エージェント「イクシム」の脆弱性を狙ってハッキングを行っている。この脆弱性は昨年修正されたものの、一部のユーザーはアップデートしておらず、電子メールを読まれたり不正操作されたりする可能性があるという。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^