大紀元時報

学習塾・劇場など週明け再開、休業要請「ステップ2」へ緩和=小池都知事

2020年05月29日 18時17分
T 5月29日、東京都の小池百合子知事(写真)は記者会見で、段階的に進めている休業要請の緩和に関連し、6月1日付で現行の「ステップ1」から「ステップ2」に移行すると正式発表した。写真は都内で1日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)
T 5月29日、東京都の小池百合子知事(写真)は記者会見で、段階的に進めている休業要請の緩和に関連し、6月1日付で現行の「ステップ1」から「ステップ2」に移行すると正式発表した。写真は都内で1日撮影(2020年 ロイター/Issei Kato)

[東京 29日 ロイター] - 東京都の小池百合子知事は29日の記者会見で、段階的に進めている休業要請の緩和に関連し、6月1日付で現行の「ステップ1」から「ステップ2」に移行すると正式発表した。これに伴い学習塾や劇場、ショッピングモールやスポーツジムなどの営業が再開可能となる。

小池知事は判断の基準として、新型コロナウイルス新規感染者数が1人20人を下回っている点や、入院・重症患者の減少で医療体制も十分確保できている点などを挙げた。国による緊急事態宣言の解除後も、鉄道の通勤客数が増えてはいるが、急激ではないとの認識も示した。

一方、ここ数日で新規感染者数が増えていることは、判断に迷った点の一つとも指摘。「若い方の新規感染者が増えており夜の街との関連を分析したいが、お互いの感染防止のために協力してほしい」と要請。新型コロナウイルスの有効な治療薬が不在な中で、急激な感染拡大を防止するため、共存を前提とする日常、「ウィズコロナ」への覚悟を改めて求めた。

休業要請は「ステップ3」まで段階的に解除する。 ひとつのステップは2週間程度を目安とするが、感染者が少ない状況が続けば、次のステップへの移行期間短縮も検討すると小池知事は説明している。

東京都は政府が25日に緊急事態宣言を全面解除したことを受け、26日から「ステップ1」に移行。図書館などの文化施設を再開、飲食店の営業時間短縮要請も午後8時までから同10時までに緩和していた。

休業要請の解除に向けて、都が参照するのは、1)1日の新規感染者数(直近7日間平均で20人未満)、 2)新規感染者のうち感染経路不明率(50%未満)、3)週ごとの感染者の増減、4)重症患者数、5)入院患者数、6)陽性率、7)受診相談窓口の相談件数─の7指標。

 

休業要請の緩和に向けた東京都の指標

目安の数値

緩和時   再要請時   28日現在

1)1日の新規感染者数       20人未満 50人以上   9.0人

2)新規感染者のうち感染経路不明率 50%未満 50%以上  54.0%

3)週ごとの陽性者の増加比     1未満   2       1.07 

4)重症患者数                        32人 

5)入院患者数                       380人  

6)PCR検査陽性率                      1.2% 

7)受診相談窓口の相談件数                 908件

 

施設別の休業要請緩和ステップ

ステップ0  ステップ1  ステップ2  ステップ3

 

博物館・美術館    ✖      〇or△    〇      〇

運動施設・学校

 

学習塾・劇場・集会場 ✖      ✖      〇      〇 

生活必需品以外の店舗

 

漫画喫茶・パチンコ店 ✖      ✖      ✖      〇

ゲームセンター・遊園地

 

飲食店(居酒屋含む) 夜8時まで  夜10時まで 夜10時まで 夜12時まで

 

接待伴う飲食店    ✖      ✖      ✖      ✖

ライブハウス・カラオケ・ジム

 

イベント       ✖      50人まで 100人まで 1000人まで 

 

*内容を追加しました

 

(竹本能文 編集:高木匠)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^