大紀元時報

北朝鮮、サイバー攻撃巡る米警告を非難 「イメージ汚す」狙い

2020年05月30日 09時37分
米政府当局が先月、北朝鮮が悪質なサイバー攻撃を行っていると警告したことを受け、北朝鮮外務省は29日、同国の「イメージを汚す」狙いだと米政府を非難した(2020年 ロイター/Denis Balibouse)
米政府当局が先月、北朝鮮が悪質なサイバー攻撃を行っていると警告したことを受け、北朝鮮外務省は29日、同国の「イメージを汚す」狙いだと米政府を非難した(2020年 ロイター/Denis Balibouse)

[ソウル 29日 ロイター] - 米政府当局が先月、北朝鮮が悪質なサイバー攻撃を行っていると警告したことを受け、北朝鮮外務省は29日、同国の「イメージを汚す」狙いだと米政府を非難した。

米国務省、財務省、国土安全保障省、連邦捜査局(FBI)は4月、北朝鮮によるサイバー攻撃の恐れがあると警告し、銀行など金融機関に対し特に警戒するよう呼び掛けた。

北朝鮮外務省は声明で「米国が言及しているいわゆる『サイバー上の脅威』に、わが国が何ら関係していないことを明確にしたい」と指摘。米政府は核ミサイル問題や人権問題、テロリストへの資金援助やマネーロンダリング(資金洗浄)を巡る非難などとともに、サイバー攻撃に関する疑惑を攻撃の手段に用いようとしているとし、「わが国のイメージを汚し、揺さぶりをかけること」が目的とした。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^